思いつきで撮った写真を,適当に載せる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大寒波の中,ぐるり1周(屋久島2日目)

<<   作成日時 : 2007/02/01 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1月8日,屋久島2日目。
 飛行機は15時過ぎの便に乗ることにしているので,それまで屋久島をぐるりと1周してみることにする。
 6時半に起床,7時には朝食を取り8時前にはチェックアウトした。
画像

 まずは昨日の原集落近くにある名勝「千尋(せんぴろ)の滝」へ向かう。
 千尋の滝は,県道から案内看板に従って林道を4〜5kmほど登ったところにある。その道すがらでは標高約900mのモッチョム岳を望むことができる。
画像

 千尋の滝は駐車場完備,駐車場には原集落などを見下ろす展望台や,原集落の直売所「げじべえの里」,モッチョム岳の登山道入り口などがある。
 げじべえの里は残念ながら臨時休業中だった。ここでは,原集落の農産物や加工品(たんかんジュースなんてものもあるとか)のほか,岳参祈願絵馬を購入することができる。

 げじべえの里近くにある「千尋獄神社」,屋久島の山岳信仰について詳しい説明看板がある。ここに岳参祈願絵馬を奉納することになる。奉納された絵馬は,最終的には昨日の鬼火焚きで燃やされる。
画像

画像

 「げじべえ」についての説明看板。げじべえは屋久島に棲む妖怪のひとつ,山の精霊と言ったところだろうか。
画像

 駐車場から滝の展望台までは徒歩道になっている。およそ5分歩くと展望台に到着,落差約60mの雄大な滝を望むことができる。滝の左側の岩は,これで1枚の花崗岩なのだそうだ。
画像

画像

 千尋の滝を後にし,再び県道に戻る。
 とりあえず屋久町役場のある尾之間へと向かう。ここでは尾之間温泉という温泉が有名とのこと。
 尾之間を抜けると次は平内集落。ここには干潮時だけ入れる露天風呂「平内海中温泉」がある。
 続いて湯泊集落,ここにも露天風呂「湯泊温泉」がある。とりあえず,昼には宮之浦まで到達したかったので,これら観光地というか温泉地はスルー,詳しくは屋久島観光協会のHPを参照してください。

 中間栗生(くりお)と車を走らせる。海沿いに出ることもあるが,海は大しけ。空の便に影響が出ないか,多少心配になる。
画像

 そして名所「大川の滝」辺りを過ぎる頃,道路の様相が一変した。
画像

 いわゆる「西部林道」という区間だ。
 ここ一帯は世界自然遺産の指定区域。1〜1.5車線の曲がりくねった山道を進むことになる。
 見通しの悪い部分にはカーブミラーが設置されているので,これに注意しつつ離合できるポイントを確かめながら進む。
 屋久町から上屋久町へと北上する場合,左側が断崖,急斜面が一気に海まで落ちて行く。木々が生い茂っているとは言え,ガードレールの無い区間が多く,離合時には脱輪しないよう細心の注意が必要だ。落ちたら死にます。
画像

 道中あちこちでヤクシカの姿を見ることが出来る。悪路運転中(舗装はしっかりしているが)のため撮影はうまくいかず。
画像

 狭隘区間は栗生から上屋久町永田まで,およそ1時間で通過することができた。途中,4〜5台の普通車などとすれ違ったが,ゴールデンウイークや夏場など,観光シーズンにはもっと多くの車が走っているのだろう。風雨の中,マウンテンバイクで走破を試みる人もいたので,観光シーズンにおける走行には相当の注意が必要となるだろう。

 永田に到着すると,道は普通の片側1車線になる。ラムサール条約に登録されている「永田浜」があるわけだが,海は相変わらずの大しけ,車から出ると強風で体が持って行かれそうになったりするためこちらもスルー。

 そのまま一湊(いっそう),昨年の5月に訪れたことのある志戸子(しとこ)などの集落を経て,11時半頃ようやく宮之浦に到着,昼食を取ることにする。

 昼食は昨年5月に「トビウオラーメン」を食べた「屋久島観光センター」2階のレストランで取ることにする。トビウオラーメンと並んで「カメノテラーメン」というメニューがあったので,これを食べてみようと思ったわけだ。
画像

 これが「カメノテラーメン」。
画像

画像

画像

 感想については「いろいろ食べました(その5)」で書いたのでそちらを…

 昼食後,お隣の「屋久島ふるさと市場」でお土産を物色。
画像

 幾つかのお菓子と共に,焼酎「三岳」をゲット。この焼酎美味しいんです。
 これらをまとめて宅急便にて自宅まで送ってもらった。

 さて,悪天候はどうにも変わらない。飛行機の運航状況に不安があったので,さっさと空港に行くことにする。

 空港に到着,運行状況を確認すると平常通りの運行だった。一安心してとりあえずチェックインを済ませる。
 空港内にはレストランとお土産コーナーがあり,けっこう多くの人々が食事を取ったり,お土産を買ったりしていた。どうやら各便ともほぼ満席らしい。

 飛行機の時間まで,まだしばらくあったが,とりあえず屋久島ぐるり1周も達成したことだし,待合い室でゆっくり待つ。しばらく待っていると放送で,僕の乗る便が鹿児島発の際,30分ほど遅れて離陸したとの案内があった。やはり悪天候の影響なのだろう。

 なす事もなくただまったりと時間が過ぎるのを待ち,行きの時とはうってかわって満席状態のQ-400にて鹿児島へと戻った。離陸時の屋久島空港は,離陸方向に向かってかなり強い向かい風が吹いていたが,定刻の30分遅れで離陸した。
画像

 思いも寄らない大寒波の襲来の中,とりあえず予定通りの行程を消化できて良かった。
 次回の島巡りは,3月以降に沖永良部行きを計画している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大寒波の中,ぐるり1周(屋久島2日目) 思いつきで撮った写真を,適当に載せる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる